アレルギー疾患

金属アレルギー

金属は水や汗に触れるとイオンとなって溶け、皮膚に触れるとかぶれ(接触皮膚炎)の原因となります。
合金に含まれるニッケルやクロムはかぶれやすいです。純金、銀、白金(プラチナ)でかぶれる方も少数ながらいらっしゃいます。
金属ではチタンが最もかぶれにくいとされています。ピアスにはチタン製(軸、キャッチ)をお勧めします。なお、当院ではチタン試薬(海外輸入)のパッチテストも施行しています。
金属アレルギーは、かぶれだけでなく、湿疹、掌蹠膿疱症などの原因にもなります。
ナッツなどの食物に含まれる微量金属による湿疹の悪化の報告もあります。
歯科矯正前に、金属アレルギー有無を確かめる方もいらっしゃいます。

原因金属を探すために、パッチテスト(検査)をします。
パッチテスト希望の方は、先ず診察を受けた後に、パッチテストの日時を予約して頂きます。
20種類の金属試薬(ゼリー、液)を着けたテープを皮膚(上腕部か背部)に貼り付けます。

初回と2日後、3日後、7日後にご来院下さい。
テストの判定を、2日後(約48時間後)と3日後(約72時間後)
そして、7日後(1週間後)に判定するとより正確な結果がでます。
2日後には反応がなかったのに、7日後の反応することも少なくありません。
患者さんの中には、2週間後に反応が出る方もいました。

検査の副作用として、パッチテスト部位のかぶれ、色素沈着があります。
まれですが、パッチテストによりアナフィラキシー様の症状の出る方がいます。
テスト中に、かゆみがひどくなり、吐き気、息苦しさなどが出たときは、
パッチテスト部位のテープを剥がし、金属エキスを拭いて洗い流し、救急外来に受診して下さい。

医療法人 さくら皮フ科

 

「アレルギー疾患一覧」に戻る

医療法人さくら皮フ科

診療科
皮膚科、小児皮膚科、アレルギー科
診察時間
午前 8:45~12:00 午後 15:15~18:30 
受付は15分前より開始します。
土曜日は13:00まで。
休診日
木曜日・土曜日午後・日曜日・祝日

〒443-0104  愛知県蒲郡市形原町北新田61-1  交通案内