アレルギー疾患

インペアードパフォーマンスとは?

2010年頃から、H1受容体拮抗薬内服(かゆみ止め)とインペアードパフォーマンスの関係が注目されています。
インペアードパフォーマンスとは、眠気(ねむけ)はないけれど、 H1 受容体拮抗薬(かゆみ止め)が脳内に移行して、自覚症状を伴わない(自分では気づかない)集中カ・判断カ・作業能率の低下をきたす状態です。
フェキソフェナジン塩酸塩、ビラスチンなどの非鎮静性の薬剤ではインペアードパフォーマンスがみられないことが多いですが、鎮静性の薬剤を処方する際には集中カ・判断カ・作業能率の低下などが起きる可能性を十分考慮しなければなりません。

 

「アレルギー疾患一覧」に戻る

医療法人さくら皮フ科

診療科
皮膚科、小児皮膚科、アレルギー科
診察時間
午前 8:45~12:00 午後 15:15~18:30 
受付は15分前より開始します。
土曜日は13:00まで。
休診日
木曜日・土曜日午後・日曜日・祝日

〒443-0104  愛知県蒲郡市形原町北新田61-1  交通案内