皮膚疾患

にきび

にきびの患者さんへ

にきびは、小学校4、5年生頃から始まり、中学1年生で6割以上、中学3年生の8割以上に認められ、思春期までに日本人の95%が経験している病気です。20才頃から軽快していきます。しかし軽快、再発を繰り返す慢性炎症性疾患でもあります。
しかし軽快、再発を繰り返す慢性炎症性疾患でもあります。正式には尋常性(ざそう)と言います。
毛穴のつまりと皮脂分泌の増加(性ホルモン作用)によって面皰(めんぼう)というにきびの赤ちゃんができます(非炎症性にきび)。そこに、にきび菌が増殖すると赤いぶつぶつ(炎症性にきび)になります。
体調や体質による要素が大きく、すぐに治ってしまうものではありません。生活が乱れストレスがあり、食生活が乱れ、睡眠不足、便秘、喫煙があると治りません。
規則正しい日常の生活習慣が重要です。

  1. 石鹸とお湯を使って1日2回洗顔をしましょう。石鹸はよく洗い流す。手やタオルでこすらないようにします。
  2. 前髪が額にかからないようにしましょう。少なくとも家では前髪をあげましょう。
  3. 便通を整えましょう。便秘はにきびを悪くします。女性は生理と関係することもあります。
  4. 過労、夜ふかしは大敵です。規則正しい生活を送りましょう。タバコもにきびの大敵です。
  5. ストレスもにきびを悪くする大きな原因です。例えば、受験前に悪くなり、受験後は一時的に良くなる場合が多いです。
  6. 食事に注意しましょう。洋菓子(チョコ、ケーキ、アイス、ポテトチップなどスナック)、揚げ物、脂っこい食べ物、ナッツ(ピーナッツ、アーモンド等)、ファーストフード(ピザ、フライドチキン、ハンバーガー等)は控え、野菜を食べましょう。
  7. にきび痕(あと)を未然に防ぐため、出来るだけ早期に治療を開始しましょう。面皰(めんぼう)はコメドとも呼ばれます。この初期症状の面皰(めんぼう)を治療することが大切です。
  8. 治療は、ビタミン剤、抗菌剤(化膿している時)の内服薬、抗菌外用薬(アクアチム、ダラシン、ゼビアックス等)、漢方薬などを適宜使用します。面皰(めんぼう)を治す外用治療薬(イオウカンフル、ディフェリン、BPO)が有効です。ディフェリンゲル、BPOゲルは、かぶれ、乾燥などの副作用があるので注意が必要です。皮脂分泌を抑える薬は日本ではまだ承認されていません。

 

「皮膚疾患一覧」に戻る

医療法人さくら皮フ科

診療科
皮膚科、小児皮膚科、アレルギー科
診察時間
午前 8:45~12:00 午後 15:15~18:30 
受付は15分前より開始します。
土曜日は13:00まで。
休診日
木曜日・土曜日午後・日曜日・祝日

〒443-0104  愛知県蒲郡市形原町北新田61-1  交通案内