小児皮膚疾患

こどもの紫外線対策について

日焼け(日光皮膚炎)は日光に含まれる紫外線で起こります。
紫外線をたくさん浴び過ぎると、

  1. しわやしみなどの皮膚老化を早める。
  2. 将来、皮膚ガンを起こしやすくなる。
  3. 目の病気(白内障、翼状片、網膜のメラノーマというガンなど)を起こしやすくなる。

ということがわかっています。赤ちゃんのうちから、強い日焼けをし過ぎないように注意してあげることは、生涯健康で過ごすために、とても大切なことです。
日焼けをし過ぎないようにするには、次のようなことに気をつけましょう。
また、晴れた日ばかりではなく曇りの日でも注意をしましょう。

時間帯

一日のうちで午前10時から午後2時までに紫外線量が一番強くなります。出来る限り、その時間帯に長時間、外で活動することがないように計画を立てましょう。

場所

日陰を選んで遊ばせましょう。
日なたでは、ひさし、屋根、パラソルなどの下で遊ばせましょう。

帽子や衣類

つばの広い帽子をかぶせましょう。衣類は、肌の露出が少ないもの、目の詰まった布でできているもの、紫外線を反射しやすい白か淡い色のものを着せましょう。紫外線防止効果のある繊維でできた衣類も売られています。

サンスクリーン(日焼け止め)

サンスクリーンは、小さい赤ちゃんから使うことができます。通常は、病院で健康保険適応のある処方を受けることができませんので、ベビー用や子供用として販売されているものを購入してください。
低刺激性と書いてあるものを選び、防御指数は、日常の生活ではSPF15~20、PA + +、海や山ではSPF20~40、PA ++~+++を目安にしましょう。汗や水で落ちにくい、ウォータープルーフの製品であればなお効果的です。
あまり薄くつけると効果が低いですが、つけ過ぎも禁物です。かぶれる場合もあるので、いきなり顔全体につけることはやめましょう。手腕に少量つけて2,3日様子を見てから、子どもさんに合っているかどうか確かめるとよいです。
使用後はきちんと洗い落としておくことも大切です。普通の石けんやボディーソープで落とせるものがほとんどです。購入するときに、洗い方についての商品説明を確かめるようにし、わからないときはお店に尋ねておきましょう。
医院で推奨している製品もあります。

 

「小児皮膚科一覧」に戻る

医療法人さくら皮フ科

診療科
皮膚科、小児皮膚科、アレルギー科
診察時間
午前 8:45~12:00 午後 15:15~18:30 
受付は15分前より開始します。
土曜日は13:00まで。
休診日
木曜日・土曜日午後・日曜日・祝日

〒443-0104  愛知県蒲郡市形原町北新田61-1  交通案内