小児皮膚疾患

皮膚の学校感染症と休園、休校について

子どもの伝染する皮膚病のお悩みはありますか。

保育園・幼稚園・小学校へ行ってもよいのか?
休まなければならないの?

1. 手足口病

手足の水ぶくれが消えて、口内炎が治っても、便の中には原因のウイルスが長い間出てきます。トイレで用を済ませた後は手洗いをきちんとしましょう。

口内の発疹で食事がとりにくい、発熱、体がだるい、下痢、頭痛などの症状がなければ、学校を休む必要はありません。

2. 伝染性紅斑(りんご病)

顔が赤くなり、腕や腿、体に発疹が出たときには、すでにうつる力が弱まっていることから、発熱、関節痛などの症状がなく、本人が元気であれば、学校を休む必要はありません。

また、いったん消えた発疹は日光に当たったり、興奮したり、入浴後などに再び出てくることがあります。

3. 頭虱(あたまじらみ)

互いに触れ合って遊ぶ機会の多い幼児・小児にはよく発生します。発生した場合はその周囲がみんな一斉に治療(スミスリンローションなど)を始めることが大切です。頭虱(あたまじらみ)は決して不潔だから感染したのではありません。頭虱(あたまじらみ)だからと差別扱いしてはいけません。

学校を休む必要はありませんが、できるだけ早く治療を受けてください。

4. 伝染性軟属腫(みずいぼ)

幼児・小児によく生じ、放っておいても自然に治ることもありますが、それまでには長期間を要したり、全身に広がるため、また、周囲の小児に感染することを考慮して治療します。

プールなどの肌の触れ合う場ではタオルや水着、ビート板や浮き輪の共用を控えるなどの配慮が必要です。この疾患のために、学校を休む必要はありません。

5. 伝染性膿痂疹(とびひ)

水ぶくれやびらん(じゅくじゅく、ただれた傷)からの浸出液を触ったり、引っ掻いたりすると、中の細菌で周囲や離れた部位に次々にうつります。特に鼻の入り口には原因の細菌が沢山いるので鼻をいじらないようにしましょう。外用薬だけでなく内服薬で治します。

病変が広範囲の場合や全身症状のある場合は学校を休んだり、点滴・入院が必要なことがあります。普通は、病変部を外用処置して、きちんと覆ってあれば、学校を休む必要はありません。顔に広範囲に出来た場合は休んだ方がよい場合があります。

6. 水痘(水ぼうそう)

熱がなくなり、だるさがなくなり、すべての発疹が痂皮化する(乾いたカサブタになる)までは休校です。
学校保健安全法によると、 水ぼうそうの場合、出現したすべての発疹がカサブタになるまで(完治)出席停止となっています。
水ぼうそうを発症してからカサブタになるまでの期間は数日~10日程度です。
登校を開始する際、治癒証明書や登校許可書の提出が必要になる保育園・学校が多いです。

 

「小児皮膚科一覧」に戻る

医療法人さくら皮フ科

診療科
皮膚科、小児皮膚科、アレルギー科
診察時間
午前 8:45~12:00 午後 15:15~18:30 
受付は15分前より開始します。
土曜日は13:00まで。
休診日
木曜日・土曜日午後・日曜日・祝日

〒443-0104  愛知県蒲郡市形原町北新田61-1  交通案内