小児皮膚疾患

子どものアトピー性皮膚炎の皮膚の特徴 (乳児期、幼児・学童期、思春期・成人期)

1. 乳児期(2歳未満)

乳児早期には、ほほ、ひたい、頭にまず乾燥、次に赤味を生じるのが始まりです。
勢いが強いと赤味は強まり、ぶつぶつ(丘疹)が出ると同時にかゆみがでて搔くために、皮膚は傷つけられじゅくじゅくして、一部でかさぶたをつくります。
同時に皮疹は拡がり,耳まわり,口まわり,ほほ,あごなど顔全体に広がります。

顔の後で、くび、脇、肘、膝などのこすれる部分にじゅくじゅくた赤味(紅斑)が生じ、さらに、胸腹部、背部、手腕、足腿にも紅斑、丘疹が出てきます。

2. 幼児期・学童期(2~12歳)

幼児期から学童期にかけては、顔の皮疹は減少し、かわって首、脇、肘、膝、股、手首,足首などの皮疹が典型的となります。重症例では、顔、四肢にも皮疹が拡がり、繰り返して、掻き破るために、じゅくじゅく、かさぶたなどを繰り返し、肘、膝、手足に苔癬化(かゆみが強く厚い皮膚)、痒疹結節(かゆみの強いしこり)を生じることがあります。体、四肢には乾燥皮膚や鳥肌様の毛孔一致性丘疹がみられます。

3. 思春期・成人期(13歳以上)

思春期以降は顔、くび、胸部、背部など上半身に皮疹が強い傾向がみられるようになります。また、皮疹が顔からくびに激しい顔面型や、かゆみの強い丘疹が体、四肢に多発する痒疹型の皮疹を呈する場合もある。全身に拡がり紅皮症という重症例もあります。

 

「小児皮膚科一覧」に戻る

医療法人さくら皮フ科

診療科
皮膚科、小児皮膚科、アレルギー科
診察時間
午前 8:45~12:00 午後 15:15~18:30 
受付は15分前より開始します。
土曜日は13:00まで。
休診日
木曜日・土曜日午後・日曜日・祝日

〒443-0104  愛知県蒲郡市形原町北新田61-1  交通案内