小児皮膚疾患

アトピー性皮膚炎の定義

アトピー性皮膚炎は、増悪・寛解(良くなったり、悪くなったり)を繰り返す、瘙痒(かゆみ)のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者さんの多くはアトピー素因を持つ。

アトピー素因

  1. 家族歴・既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎)、
    または
  2. IgE 抗体を産生し易い素因

アトピー性皮膚炎の診断基準

1.瘙痒(かゆみ)

2.特徴的皮疹と分布

  1. 皮疹は湿疹病変
    ・急性病変:紅斑、湿潤性紅斑、丘疹、漿液性丘疹、鱗屑、痂皮
    ・慢性病変:浸潤性紅斑・苔癬化病変、痒疹、鱗屑、痂皮
  2. 分布
    ・左右対側性
    好発部位:前額、眼囲、口囲・口唇、耳介周囲、頸部、四肢関節部、体幹
    ・参考となる年齢による特徴
    乳児期:頭、顔にはじまりしばしば体幹、四肢に下降。
    幼小児期:頸部、四肢関節部の病変。
    思春期・成人期:上半身(頭、頸、胸、背)に皮疹が強い傾向。

3.慢性・反復性経過(しばしば新旧の皮疹が混在する)

乳児では2ヶ月以上、その他では6ヶ月以上を慢性とする。

 

上記 1、2、3 の項目を満たすものを、症状の重い軽いを問わず、アトピー性皮膚炎と診断します。

 

「小児皮膚科一覧」に戻る

医療法人さくら皮フ科

診療科
皮膚科、小児皮膚科、アレルギー科
診察時間
午前 8:45~12:00 午後 15:15~18:30 
受付は15分前より開始します。
土曜日は13:00まで。
休診日
木曜日・土曜日午後・日曜日・祝日

〒443-0104  愛知県蒲郡市形原町北新田61-1  交通案内