小児皮膚疾患

手足口病

手足口病(hand, foot and mouth disease:HFMD)は、幼児を中心に流行する急性ウイルス性感染症です。
発疹は、口の中、手足、肘膝、お尻周囲に小丘疹、小さい水疱性(みずぶくれ)がみられます。
例年、春から増え始めて夏にピークを迎え、その後,減少します。報告数は年によって大きく異なります。

病気の原因

原因ウイルスは主にコクサッキーウイルス A16(CA16)、A6(CA6)、A10(CA10)、エンテロウイルス71(EV71)です。

症状

感染してから3~5日後に口の中、手のひら、足底や足背などに 2~3mmの小水疱が出現します。
お尻にも発疹が出るので、手足口お尻病ともいわれます。その他からだにみられることもあります。
発熱は約3分の1にみられますが、高熱になることは通常ありません。
ほとんどの発病者は3〜7日で軽快する感染症です。
しかし、エンテロウイルスEV71 に感染した場合には他のウイルスによる手足口病と比べて、
中枢神経系の合併症を引き起こす割合が高いことが明らかとなっており、脳炎による死亡例の報告があります。

水ぼうそう(水痘)との鑑別

コクサッキーウイルス CA6 による手足口病は、臀部や四肢などにも発疹が生じることが多く、水疱が大きく水痘と見間違うような、中心臍窩を認める場合もあります。
発症数週間後に爪脱落が起こる症例(爪甲脱落症)が見られるなど、従来の手足口病とは臨床所見が大きく異なるのが特徴です。

学校・幼稚園・保育所への登校(園)の目安

重要なこととしては、症状が消失した後も2~4週間にわたり便中にウイルスが排出されます。そのため、流行阻止目的での出席停止はあまり効果がなく、トイレ後や排泄物の処理後の手洗いを徹底します。

 

「小児皮膚科一覧」に戻る

医療法人さくら皮フ科

診療科
皮膚科、小児皮膚科、アレルギー科
診察時間
午前 8:45~12:00 午後 15:15~18:30 
受付は15分前より開始します。
土曜日は13:00まで。
休診日
木曜日・土曜日午後・日曜日・祝日

〒443-0104  愛知県蒲郡市形原町北新田61-1  交通案内