小児皮膚疾患

りんご病(伝染性紅斑)

伝染性紅斑(Erythema infectiosum) は、顔(ほほ)に出現する蝶形状の紅斑を特徴とし、小児を中心にしてみられるウイルスによる流行性発疹性疾患です。両ほほがりんごのように赤くなることから、「りんご病」と呼ばれます。本症の病因はヒトパルボウイルスB19(以下 B19 )です。りんご病には多くの非定型例や不顕性感染例(症状のない感染例)があること、多彩な臨床像あることなども明らかになっています。

疫学

ほぼ5年毎の流行周期で発生数の増加がみられます。年によって若干のパターンの違いはあるものの、年始から7月上旬頃にかけて増加し、9月頃が最も少なくなる季節性があります。流行が小さい年には、はっきりした季節性がみられないこともあります。
子どもでは 5~9 歳での発生が最も多く、ついで 0~4 歳が多いです。
大人でも、しばしば認められ、看護学生、看護師などの病院内感染による大人の集団感染事例の報告もあります。

臨床症状

10~20 日の潜伏期間の後、顔(ほほ)に境界鮮明な紅い発疹(りんごの頬)が現れ、続いて上肢(うで)下肢(あし)に網目状・レース状・(半)環状などの発疹がみられます。
逆に、はじめ上腕(うで)に出現し、あとから顔(ほほ)に現れる場合もあります。体にも発疹が出現することがあります。これらの発疹は1 週間前後で消失しますが、なかには、紫外線(日光)の影響などで、長引いたり、一度消えた発疹が再び出現することがあります。

写真1.顔(ほほ)の蝶形紅斑 

写真2.上腕(うで)の紅斑

大人では関節痛・頭痛などを訴え、関節炎症状により1 ~2日歩行困難になることがあります。しかし、ほとんどは合併症を起こすことなく自然に回復します。なお、顔(ほほ)に発疹が出現 する7~10 日くらい前に、微熱や感冒様症状などの前駆症状が見られることが多いです。この時期にウイルス血症を起こしており、ウイルスの排泄量も最も多く、感染力が強くなっています。発疹が現れたときにはウイルス血症は終息しており、ウイルスの排泄はほとんどなく、感染力はほぼ消失しています。通常は飛沫または接触感染で伝染します。

B19感染像の拡がり
(りんご病のみではないB19感染症)

りんご病は典型的なB19感染症の臨床像ですが、B19感染症の臨床像は単にりんご病にとどまりません。溶血性貧血患者がB19感染を受けると重症の貧血発作を生ずることがあります。その他、関節炎・関節リウマチ、血小板減少症、顆粒球減少症、血球貪食症候群や、免疫異常者における持続感染などもりんご病に合併、あるいは独立してみられます。

胎児感染(胎児水腫など)

B19 感染症で注意すべきものの一つとして、妊婦感染による胎児の異常(胎児水腫)および流産があります。妊娠前半期の感染の方がより危険であり、胎児死亡は感染から 4~6 週後に生ずることが報告されていますが、妊娠後半期でも胎児感染は生ずるとの報告もあり、安全な時期について特定はできません。
ただし、妊婦さんのB19 感染が即胎児の異常に結びつくものではなく、りんご病を発症した妊婦さんから出生し、B19 感染が確認された新生児でも妊娠分娩の経過が正常で、出生後の発育も正常なことが多いです。
したがって、妊婦の風疹感染ほどの危険性は少ないですが、超音波(エコー)検査などで胎児の状態をよく把握することが必要です。

治療・予防

特異的な治療法はなく、対症療法(かゆみ止め等)になります。紫外線(日光)を避けるとよいです。紅斑の時期にはほとんど感染力がないので、二次感染予防策の必要はありません。また、ウイルス排泄期には特徴的な症状を示さないので感染予防策はありません。
現在のところワクチンはありません。
妊婦さんは、流行時期に感冒症状の者に近づくことを避け、万一感染した場合には、産婦人科で胎児の状態を注意深く観察してもらって下さい。

学校保健法における取り扱い

りんご病は学校において予防すぺき伝染病の中には明確に規定はされていません。
一律に「学校長の判断によって出席停止の扱いをするもの」とはなりません。したがって、欠席者が多くなり授業などに支障をきたしそうな場合、流行の大きさあるいは合併症の発生などから保護者の間で不安が多い場合など、「学校長が学校医と相談をして第3種学校伝染病としての扱いをすることがあり得る病気」と解釈されています。
通常の学校などでの対応の目安としては、発疹が現れたときには感染力はほとんどなくなっているので、発疹のみで全身状態の良い児童については登園・登校が可能であると考えられます。ただし急性期には、症状の変化に注意をしておく必要があります。

(国立感染症研究所より)

 

「小児皮膚科一覧」に戻る

医療法人さくら皮フ科

診療科
皮膚科、小児皮膚科、アレルギー科
診察時間
午前 8:45~12:00 午後 15:15~18:30 
受付は15分前より開始します。
土曜日は13:00まで。
休診日
木曜日・土曜日午後・日曜日・祝日

〒443-0104  愛知県蒲郡市形原町北新田61-1  交通案内