帯状疱疹ワクチン接種について

子供の頃に水ぼうそう(水痘・帯状疱疹ウイルス)にかかると、治った後もウイルスが体の中に潜伏します。
その後、免疫力が低下すると、潜伏していたウイルスが活動を再開し帯状疱疹を発症します。
個人差はありますが、ご高齢者ほど帯状疱疹の症状が強く、痛みなどの後遺症が問題になります。
帯状疱疹の予防のために、50歳以上の方にワクチン接種が推奨されています。
ワクチンには、従来からあった、水痘・帯状疱疹ワクチン(生ワクチン)と、2020年より認可された、シングリックス(不活化ワクチン)の2種類があります。
シングリックスの方が、より帯状疱疹の発症予防効果、帯状疱疹後神経痛の予防効果が優れているため、海外ではシングリックスが推奨されています。
ただしシングリックスは筋肉注射、高価かつ2回接種であるという難点もあります。

予約は、2022年5月10日からお電話で受け付けています。

  1. 蒲郡市在住の方(蒲郡市に住民票がある方)、
    蒲郡市以外の方にも接種していますが、蒲郡市からの助成金はありません。
  2. 50歳以上の方(接種日に50歳以上)。例.1972年5月15日生
  3. 当院にかかりつけの患者さんに接種しています。
    かかりつけの医院のある方はそちらで接種をお願いいたします。
  4. Ⓐシングリックス(筋肉注射)を接種します。(原則)
    生ワクチン(皮下注射)接種の方は、予約時その旨お伝えください。
  5. 他のワクチンとの接種間隔の確認をしてください。
    「最後にワクチン接種(新型コロナワクチンなど)をした日はいつですか?」

    5-1. 生ワクチン(下記)から4週間以上経過していること(50歳以上は通常関係無し)
    (麻疹(=はしか=M)、風疹(R)、BCG(結核)、おたふく、水痘、MRワクチン等)
    5-2. その他の(不活化)ワクチンから1週間以上経過していること
    (経口生ワクチン(=ロタワクチン)は不活化ワクチンに準ずる)
    例.5月2日(月)に肺炎球菌ワクチン(不活化ワクチン)接種→5月9日(月)以降、接種可。
    なお、2020年10月以降、不活化ワクチン後の間隔は規定なしとなりましたが、副反応が発生した場合に、どちらのワクチンが原因か不明瞭になる為、当院では2週間以上間隔を空けていただきます。
    5-3. 新型コロナワクチン接種(=不活化ワクチン)から2週間以上経過していること
    シングリックス接種後2週間以上経過してから新型コロナワクチン接種すること。
    他のワクチンに関しての規定はないが、
    シングリックスが新薬であるため、当院では、2週間の間隔をあけてから他のワクチン接種可としています。

    Ⓐ.シングリックス接種(=不活化ワクチン)の前後2週間は新型コロナワクチン接種を含むすべてのワクチン接種を控えてください
    .帯状疱疹・生ワクチン接種(ビケン製)は、新型コロナワクチン接種後、同じく2週間以上間隔を空ける。
    接種後、2週間以上経過してから新型コロナワクチン接種すること。
    接種後、不活化ワクチン接種の間隔の規定はありません。
    接種後4週間以上を経過してから他の生ワクチン接種可能です。
    (今回の帯状疱疹・生ワクチン=従来の水痘ワクチン=水痘・帯状疱疹ワクチンです)
  6. 接種後30分間、院内待機していただきます。(生ワクチンも30分間)
    接種は午前9時30分~11時、午後4時~5時まで
  7. 接種時(自費診療)と同時に、保険診療はできません。
    副反応(発熱、倦怠感など)は、シングリックスでは、
     局所副反応:痛み(78%)、赤み(38%)、腫れ(26%) 
     全身副反応:筋肉痛(48%)、疲労(39%以上)、頭痛(33%)、発熱(18%以上)、悪寒(24%)、胃腸症状(13%)などです。
    これらの多くは、通常3日間ほどで治まるとされていますが、
    シングリックスは新型コロナワクチンより副反応が強いので、接種後最低1日は安静をおすすめいたします
  8. 他のワクチン同様、重症な障害が起こる事や、生命の危険もあります。
    アナフィラキシーの危険もあります。
    その場合は、他のワクチン同様「医薬品副作用被害救済制度」により治療費等が支給される場合があります。
  9. お薬手帳、保険証は必ず持参してください
    抗凝固剤などの内服の有無を確認いたします。
    最近1カ月以内の他のワクチン接種の問診をいたします
    新型コロナワクチン接種日も確認してください。
  10. 生ワクチン接種のメリットは、1回のみ接種、シングリックスより安い、皮下注射(筋肉注射でない)。
    デメリットは、予防効果が50%でシングリックス(90%)より低い。
    持続期間が5年程度でシングリックス(9年以上)より短いです。
    なお、ステロイド剤などの免疫抑制剤を内服中の方への生ワクチン接種はできません。
  11. 料金
    1. シングリックス21,000円(税込)を2回接種します。
    21,000円-10,000円(蒲郡市助成金)=11,000円/回、徴収いたします。
    2回接種時も同額、11,000円徴収。(合計42,000円-20,000円=22,000円です)
    2回目接種日は、2か月後です
    2. 水痘、生ワクチン8,000円(税込)を1回接種します。
     8,000-2,000(蒲郡市助成金)=6,000円徴収いたします。
  12. 問診、診察して、発熱、持病、健康状態のため、接種できないと診察後判断した場合は、
    保険診療に準じて、自費で初診料(2,880円)を徴収いたします。ご了承ください。

予約後、ご都合がわるい場合は早急にご連絡ください。
事前にご連絡がなく、無断で予約をキャンセルされた方への接種はいたしかねます。

「皮膚疾患一覧」に戻る

医療法人さくら皮フ科

診療科
皮膚科、小児皮膚科、アレルギー科
診察時間
午前 8:40~12:00 午後 15:10~18:30 
受付は10分前より開始します。
土曜日は13:00まで。
休診日
木曜日・土曜日午後・日曜日・祝日
アクセス
『蒲郡 駅』より車で10分
『ポートタウンミュー』(西尾 市)より車で10分
『三ヶ根 駅』(幸田)より車で8分
『藤田医科大学 岡崎 医療センター』(岡崎市)より車で27分

〒443-0104  愛知県蒲郡市形原町北新田61-1  交通案内